風邪のひき始めによく使われる漢方薬と言えば「葛根湯」ですよね。
ドリンクタイプから顆粒のものまで、多くの種類が出ています。
葛根湯は基本的に体力がある人にむいている薬で、かぜの初期などの頭痛、発熱、寒気がするが汗は出ないといった場合に有効で、発汗を促すことで熱を下げ風邪を治そうとします。
使用するタイミングは発病後1〜2日が目安とされており、それ以降の場合は通常の総合風邪薬等がオススメです。※症状・体調により変わります。詳しくは医者、薬剤師等にご確認ください。

また、「葛根湯」は風邪だけに限らず、慢性頭痛、鼻炎などの炎症が起こって熱が出るような急性の病気の初期にも広く使われており、「葛根湯」は、体を温めることでこれらの症状をやわらげる漢方薬です。


トップ > 医薬品 > かぜ薬 > 漢方のかぜ薬

漢方のかぜ薬

全14件