アリナミンexプラスは目・肩・腰の疲れに効果あり!ジェネリックとも比較!

アリナミンexプラスは目・肩・腰の疲れに効果あり!ジェネリックとも比較!


アリナミンexプラスは「目の疲れ、肩こり、腰の疲れに」のキャッチコピーで有名なタケダの錠剤です。最近ではジェネリック医薬品も他社から多数発売されています。今回はアリナミンexプラスの効果とジェネリックについてご紹介します。

アリナミンexプラスは目・肩・腰の辛さを軽減


アリナミンexプラスは主にビタミンB系の働きによって、眼精疲労、筋肉痛・関節痛(肩こり、腰痛、五十肩など)、神経痛、手足のしびれを軽減します。

筋肉疲労を回復するにはビタミンB1、神経の機能を活発に機能させるためにはビタミンB6やビタミンB12が必要です。体に痛みや疲れがある場合はこれらの栄養素が不足しているためアリナミンexプラスが有効です。アリナミンexプラスのビタミンB1は体内に吸収されやすいフルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)として配合しています。

アリナミンexプラスは1日一回2〜3錠の服用で、食事の直後であればいつ服用しても大丈夫です。疲れや痛みが取れない社会人の強い味方として人気があります。

アリナミンexプラスの主成分フルスルチアミンとは


アリナミンexプラスの主成分はフルスルチアミンといって、タケダから発売されているアリナミンシリーズの主要成分です。フルスルチアミンは1960年代にタケダで開発され、それ以来タケダの看板として活躍しています。
フルスルチアミンはビタミンB1誘導体といって、ビタミンB1が消化器で吸収されやすくなった状態です。ビタミンB1は欠乏すると神経障害や全身倦怠、むくみなどを発症します。つい最近まで日本人の国民病とも言われていた脚気は、ビタミンB1が欠乏することで原因で起こります。さらに目のかすみなども発生します。

小麦や玄米を食べている軍人では脚気は見られず、白米を食べている軍人は脚気が多発したことから、米ぬかが注目されました。結果、米ぬかからビタミンB1が発見され、まずは脚気の治療薬として有名になりました。これが1910年の話です。

さらに1951年、ニンニクの中に含まれている水溶性のビタミンB1が、脂溶性のアリチアミンに変化することが発見されました。アリチアミンは通常のビタミンB1に比べて消化器で吸収されやすいという特徴がありました。

1952年以降、タケダとアリチアミンの発見者である藤原博士によって研究がさらに進み、アリチアミンの構造をさらに安定されたプロスルチアミンを開発。これがアリナミン糖衣錠として発売されました。日本の脚気は激減し、さらにプロスルチアミンの大量投与によって神経痛に効くこともわかりました。

プロスルチアミンのデメリットが強烈なニンニク臭でしたが、改良によって匂いを抑えることができました。この完成形がフルスルチアミンです。

フルスルチアミンは通常のビタミンB1と比べた時に、24時間以内での体内での滞在率が非常に良いです。同じ量を摂取してもビタミンB1の血中濃度が格段に濃くなるため、効率よく吸収されていることがわかります。

例えば100mgのビタミンB1とフルスルチアミンを摂取して血中濃度を比べてみます。

摂取して2時間後、ビタミンB1は血中で70ng/ml、フルスルチアミンは380ng/ml程度確認できました。フルスルチアミンは通常のビタミンB1に比べて5〜6倍の吸収率があるということになります。

ですので疲労回復や痛みなどへの即効性が欲しい時はフルスルチアミンは非常に有効です。普段の生活で豚肉や大豆などを積極的に摂取することが理想ですが、3食しっかり取れなかったり偏りがちな食生活ではビタミンB1は不足してしまいます。効率よくビタミンB1を摂取するなら、フルスルチアミンを含んでいるアリナミンexプラスやそのジェネリックがオススメです。


目の疲れ・肩こり・腰の痛み
などのツライ症状に!
アリナミンEXプラス
>>ご購入はこちらから!

他の成分も機能回復を促進


アリナミンexプラスに含まれている他の成分も機能回復を促進します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、シアノコバラミン(ビタミンB12)は神経の回復に効果があります。トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)は末梢神経の血流を改善し、神経や筋肉に栄養補給し老廃物を代謝させます。

アリナミンexプラスは神経と筋肉に高い吸収率で作用するため、仕事中の疲れ目、長時間のPC操作での肩こり、肉体労働での腰の痛みなどを感じた時に飲むことで、即効性が期待できます。

アリナミンexプラスのジェネリック


アリナミンexプラスは現在多くジェネリックが発売されています。ジェネリックですので基本的には成分の配合等はほとんど変わりません。コスパを比較してみます。

アリナミンexプラス(270錠)(タケダ)
価格 5,840円 (1錠あたり21.6円)

ビタエビシンEXP(270錠)(寧薬化学工業)
価格 2,875円(1錠あたり10.6円)

ビタトレールEXP(360錠)(寧薬化学工業)
価格 2,880円(1錠あたり8円)

デイトナEXゴールドPB(270錠)(オール薬品工業)
価格 2,156円(1錠あたり7.9円)

新ネオビタミンEX(270錠)(皇漢堂製薬)
価格 1,998円(1錠あたり7.4円)

やはりジェネリックは非常に安いです。アリナミンexプラスの半額以下から1/3近い価格で購入することができます。成分もほとんど変わりません。

基本的にはどの製品も1度に服用する3錠中の成分は以下の通りです。

フルスルチアミン塩酸塩:109.16mg
ピリドキシン塩酸塩:100.0mg
シアノコバラミン:1,500.0μg
コハク酸トコフェロールカルシウム:103.58mg
ガンマーオリザノール:10.0mg
パントテン酸カルシウム:30.0mg

これはジェネリックもほぼ共通で、これ以外の添加物に多少の違いが見られます。錠剤の形状や色に微妙な差がありますがほとんど気になりません。慢性的な目・肩・腰の披露があり、長期間服用をしたい場合はジェネリックを積極的に活用するのが良いでしょう。

ビタミンB1の普段の生活での摂取方法


アリナミンexプラスやそのジェネリックでビタミンB1を補給することに加えて、普段の食生活でもできるだけ効率的にビタミンB1を摂取したいものです。ビタミンB1は豚肉や大豆、ウナギなどに多く含まれていますが、非常に吸収効率が悪いビタミンです。トンカツや納豆を食べてもせいぜい10mg程度しか吸収されません。フルスルチアミンであれば一度に100mgを摂取できるためその差は歴然です。

食生活でビタミンB1を摂取するなら、ニンニクとビタミンB1食材を組み合わせて摂取することが効果的です。ニンニクに含まれるにおい成分アリシンは、ビタミンB1と結びつくと前述したアリチアミンになります。このアリチアミンがフルスルチアミンの元になっているので、積極的にビタミンB1食材でニンニク料理をすることでビタミンB1の吸収が高まります。豚肉の炒め物をする時にニンニクを混ぜる等、上手に食材と組み合わせましょう。

アリナミンexプラスとそのジェネリックでフルスルチアミンを摂取!


アリナミンexプラスとそのジェネリックであればビタミンB1を効率的に吸収し、目・肩・腰の疲労や痛みを軽減できます。フルスルチアミンを含んだ製品を上手に活用しましょう!

The following two tabs change content below.
アバター
香川県観音寺市の創業100年になる福田薬局の三代目薬剤師。 ドラッグストア業界に30年従事、チェーンドラッグと日々戦い続ける毎日をおくる。2013年よりEC事業にも本格参入。2店舗の実店舗と7店舗のネットショップを運営。 ランチェスター戦略が大好きなミドルエイジ!