話題のハリウッド化粧品 脱毛ワクスを実際に使ってみた!使い方もご説明

肌を露出する機会が増えてくると気になるのがムダ毛。剃っても剃っても生えてくるムダ毛の処理に奪われる時間はかなりのものです。ムダ毛の処理をしながら繰り返し使ううちに毛が柔らかくなりムダ毛が目立たなくなっていく商品があるのをご存知でしょうか。そう、それがハリウッド化粧品の脱毛ワクス。

天然成分の松ヤニを主成分とした脱毛ワクスで、ワクスを溶かしたものを気になるところに塗り、固まったところでペリっと剥がすとムダ毛が抜けるというものです。脱毛クリームとも脱毛テープとも違うちょっと変わった脱毛グッズ。脱毛ワクスの使い方や実際に使ってみて感じたメリット、デメリットをここではご紹介しています。

1.ハリウッド化粧品の脱毛ワクスとは?

脱毛ワクスが発売されたのは1952年、昭和27年のときです。もう随分と前のことなんですね。現在ドラッグストアなどで手に入る脱毛グッズは
・カミソリ
・除毛クリーム
・除毛テープ

などが主流です。ところが、ハリウッド化粧品の脱毛ワクスはこのどれにも当てはまりません。しいて言えば除毛テープに近いでしょうか。松ヤニを主成分としたワクスを熱で溶かし、ムダ毛の気になるところに塗ります。ワクスの熱で毛穴を広げ抜けやすくしたところで固まったワクスを剥がすとムダ毛が抜けるという商品です。

除毛テープのように無理やり毛を剥がすのではなく、毛穴をゆるめて剥がすので痛みも少ない、とのこと。実際に使った方のクチコミを見ると確かに「痛くない」と書かれているのを多く見かけました。

2.ハリウッド化粧品 脱毛ワクスの使い方

いや、でも結局は除毛テープみたいなものだし痛いのでは?と疑って箱から取り出した脱毛ワクス。1箱に2個、脱毛ワクスが入っていました。それからワクスを混ぜる木の棒と説明書も。

ワクスの入っているプラスチック容器から一体どうやって中身を取り出すんだろう?としばらく奮闘していましたが、よく見ると容器に切り込みがあるのを発見。そこから割くように容器を引っ張るとペリペリと剥けて中身のワクスを取り出せるようになっていました。

中身を取り出すとこんな感じ。なんだか石鹸みたいです。鼻に近づけても特に匂いはしませんでした。

“とろりとした水あめ状”になると良いとのことでこれくらいの固さまで溶かしてみました。専用の手つきなべを使うのが本当は良いのですが、今回は耐熱容器に入れて湯煎で溶かしています。

溶ける前はまったく匂いがしなかったのに溶けるにつれて不思議な香りが広がります。不思議なんだけどどこかで嗅いだことのある匂い。薬局で何かの粉薬を混ぜていたときの匂いと似ているような?何でしょうか。私はちょっとスパイシーな香りに感じました。

ワクスを塗る場所はあらかじめ汚れを取ります。水気もしっかり拭いておきましょう。そうでないとワクスが付きにくくなるそうです。

いきなりベタっと塗るとヤケドをしてしまう可能性があるので親指のつけねのあたりにちょこっと付けて温度を確かめてから塗ります。ワクス1個で手の平3つ分くらい塗れました。お風呂のお湯よりやや熱めが適温とのこと。これがじんわり温かくて気持ちいい。全身このワクスに包まれたいと思ったほど。

痛かったら嫌なのでまずは手の甲に塗ってみました。塗るとすぐに固まってくるので急いで塗らないと!もたもたせずにささっと塗ってしまった方が良さそうです。説明書に“脱毛ワクスは周囲を厚めにぬるとはがしやすくなります”と書かれていましたが、そんなヒマはないほどすぐに固まり始めます。脱毛ワクス初心者の私には難しい・・・。“手早く塗ってください”と書いてあるのである程度はスピード勝負ですね。

ちなみに、塗るときは毛の流れに逆らって塗ります。ワクスがガム状の固さになったら毛並みにそって勢いよく剥がします。ちみちみ剥がすよりも勢い良く剥がしたが痛くないとのこと。ということで意を決して思いっきりバリっと剥がしてみました。

あれ?

痛くない?

正直、痛くないかどうかビビっていたのですが肌が引っ張られる感じがするだけで痛くありませんでした。毛量がもっと多いところでやると痛いのかな?と思って手の甲よりも毛が多いところでも試してみましたがほとんど痛みナシ。除毛テープのように1ミリ剥がすごとに毛が引っ張られて涙が出そうなくらい痛むなんてことはありませんでした。

実は脱毛ワクスには赤い箱のものと青い箱のものとがあります。青い方は脱毛スーパーワクス。こちらの方が毛のかたい方や毛深い方におすすめのものです。つまり赤い箱のものよりも強力ということですね。

溶かし方がたりなかったのか少しダマになってしまいました。赤い箱のワクスよりも気持ち色が濃いめですね。匂いはあいかわらず何かの粉薬の匂いがします。

脱毛スーパーワクスということで今度こそ痛い思いをするのかなとドキドキしながらバリっと剥がしてみると・・・こちらも痛みはありませんでした。

剥がしたあとのワクスをそれぞれぶにぶに曲げて遊んでいたのですが赤い箱のワクスは柔軟性があってどんなに曲げても割れません。一方で青い箱の脱毛スーパーワクスは少し曲げただけでパキっと割れてしまいました。ワクスが硬めに固まることでしっかりムダ毛をキャッチしてくれているのでしょうか。

 

ちなみにこちら、毛量の多い男性に試しに脱毛ワクスを塗ってみたものです。赤い箱の方でやったのですがガッチリと毛をからめとって毛根から抜き取っているのが分かります。

こちらも男性の足を拝借しました。塗り方が下手だったのか少しだけ毛が取れずに残ってしまいましたがけっこうキレイに取れています。ちなみにですが、男性のように毛が濃いところに使うと痛いみたいです。私は使っても何ともなかったのですが、こちらの男性はけっこう痛がっていました。。。

3.脱毛ワクスの効果

何だか理科の実験でもしているようで楽しかったです。そしてワクスを塗ったところがじんわり温かくてこれが思っていたよりも癒やされます。肝心の毛の抜け具合ですが剥がした後のワクスを見るときちんと毛がついておりました。うぶ毛のような細い毛もしっかりキャッチされていました。

赤い箱の脱毛ワクスと、青い箱の脱毛スーパーワクスとの違いは残念ながら今回は感じられず。濃いめに生えているところで試したら違いが分かるかと思います。

4.脱毛ワクスのメリット

カミソリでもなく、除毛クリームでもテープでもなくこの脱毛ワクスを使うことのメリットとは何でしょうか。実際に使ってみて感じたことをご紹介します。

4-1.肌を傷つけない

ムダ毛をカミソリで処理されている方は多いと思います。手軽ですしお金もそんなにかかりません。でも、カミソリってものすごく肌に負担をかけてしまっているんです。知らず知らずのうちに肌を傷つけているので肌荒れを起こしてしまう方も。それにすぐに毛が生えてきてチクチクしてしまうという最大のデメリットがあります。

除毛クリームを使えば確かにチクチクはしませんが、これって結構肌に負担が高いもの。私は除毛クリームを使うと肌がヒリヒリしてしまってダメでした。

ところが、脱毛ワクスは松ヤニを塗って剥がすだけなので肌への負担がカミソリほど大きくありません。しかもムダ毛を毛根からしっかり抜いてくれるので処理後の肌を触ってもジョリジョリしないんです。

4-2.再び毛が生えてくるまでに時間がかかる

脱毛ワクスは毛根からムダ毛を抜くので、処理後すぐに再びムダ毛が生えてくることがありません。カミソリで処理すると次の日にはチクチクと毛が生えてきませんか?脱毛ワクスはムダ毛を毛根から取り去るので次の発毛を遅らせる効果もあるんです。

4-3.痛くない

塗って固めて剥がすと聞くとどうしても痛そうな気がしますが、驚くくらい痛くありませんでした。もちろん無痛ではないのですが、気にならない程度です。除毛テープを剥がすときの激痛と比べたら可愛いもの。こんなに痛くないなら次はもっと広範囲に使ってみたいなと感じました。

5.脱毛ワクスのデメリット

もちろん何事にもデメリットはあります。次に脱毛ワクスを実際に使って感じたデメリットをご紹介していきます。

5-1.使用方法がやや面倒

カミソリは剃るだけ、除毛クリームは塗るだけ、除毛テープは貼るだけ。しかし、脱毛ワクスは溶かして温度調節して塗るという手間がかかります。使おうと思ったときにすぐに使えないのはちょっと面倒だなと感じました。

5-2.温度管理が難しい

ワクスを溶かした直後はヤケドしてもおかしくないくらい熱いです。なので適温になるまで一旦冷まさないといけません。ここで冷ましすぎるとワクスが固くなって塗りにくいし、温度が高すぎてもとろとろになって液垂れしてしまいます。特に脇に塗るときは温度が高すぎるとワクスが垂れてしまうので注意が必要。塗りやすい温度を見極めるのが最初は難しいです。

5-3.ワクスを剥がした後にカスが残ってしまう

もしかしたら私の塗り方の問題なのかもしれませんが、ワクスを剥がしたあとに細かなカスがどうしても残ってしまいます。これが手でこすってもなかなか剥がれません。脱毛ワクスを使った方が投稿されたレビューを見ているとお風呂に入ると取れるとのことでした。ということで、お風呂に入る前に使った方が良いかもしれません。

6.脱毛ワクスを使うときの注意点

脱毛ワクスを使うにあたっていくつか注意事項があります。無視して使うと脱毛効果が低くなることもあるので必ず事前に目を通してから使いましょう。

6-1.エアコンや扇風機の風が直接当たるところでは使わない

脱毛ワクスは塗るとすぐに固まっていきます。今回、エアコンも扇風機もない部屋で使用したのですがそれでもどんどん固まっていきました。風の当たるところで使用するとワクスの固まりが早くなってしまうので風の当たらないところで使いましょう。

6-2.お風呂場では使わない

日ごろのムダ毛処理をお風呂場でされる方は非常に多いかと思います。しかし、脱毛ワクスはお風呂場での使用はNG。湿気が多いと脱毛ワクスが毛にからみにくくなって効果が落ちてしまうとのこと。また高温の状態の脱毛ワクスに水が入ると飛び散ってしまうこともあるそうなので湿気のあるお風呂場などでは使わないようにします。

6-3.脱毛後は肌の保湿を

脱毛後はコールドタオルなどで冷やし、保湿クリームをつけましょう。ワクスを剥がすときにどうしても肌に負担がかかってしまうので冷やして保湿することで肌のケアを行います。

7.まとめ:コツを掴めばつるつる地肌を手に入れられる

ハリウッド化粧品の脱毛ワクスを今回初めて使ってみました。溶かす手間や温度管理が必要なものの、使ったあとはつるつるお肌が完成です。除毛クリームがヒリヒリして使えなかった私にはとても良い商品だと感じました。毛根からムダ毛を取り除くのでしばらく肌がキレイな状態が続くのも良いですね。
初めのうちは少々コツが必要ですが仕上がりには満足。使い続けることでムダ毛がだんだん柔らかくなり目立たなくなるのも嬉しいポイントです。ムダ毛の処理をしながら、今後生えてくるムダ毛まで目立たなくしてくれるグッズはそうありません。ムダ毛に悩まれている方、ムダ毛の量を少しでも減らしたい方に試してもらいたい脱毛グッズです。

The following two tabs change content below.
三雲 理麻

三雲 理麻

大手チェーンドラッグ・調剤薬局に勤務経験があり、市販薬にも医療用医薬品にも精通。また、薬剤師以外にも「漢字好き」が高じて漢字検定準一級資格も取得。「 専門分野の難しい内容を分かりやすく!」がモットーで日々情報収集を怠らない。医薬品・健康食品・化粧品の配合成分の説明ならお任せ下さい!